家具暮らしの情報空間
リンテルノ

ベッドが原因となる腰痛対策とは

ベッドが原因となる腰痛対策とは

 

元々腰痛持ちでなくても、ベッドが原因で腰痛になることがあります。

寝ているときに無理な負荷がかからないようにする対策を打つことが大切です。

 

 

■腰が反らないように寝ることが重要

 

寝ているときの姿勢が原因で腰痛になることもあるのですが、主な理由としてはうつぶせで寝ることがよくないと言われています。

うつぶせで寝ると腰が自然に反ってしまうので、負担がかかってしまいます。

 

腰への負担を減らす寝姿勢としては、横向きが良いとされています。

枕を少し高めにし、横向きに寝た時に背骨が水平になるようにしましょう。

 

どのようなベッドを選ぶのか以前に、寝ているときの姿勢に注意しなければ、いくら良いベッドを購入しても意味がなくなってしまいます。

 

 

■理想的な姿勢を保てるベッドを購入する

 

腰痛の原因となるのは、寝るときの姿勢や筋肉の緊張などだけではなく、ベッド選びにも原因があります。

 

まず人間は誰もが同じような骨格をしているわけではありません。

自分の骨格を知り、理想的な姿勢を保てるベッドを購入することが腰痛対策になります。

 

一般的には、柔らかすぎるベッドを使用すると重い腰の部分が沈んでしまうので、ある程度の固さのあるベッドを選ぶことをおすすめしています。

 

 

■反発力がありすぎてもダメ

 

腰が沈むほど柔らかいベッドでも腰痛の原因になるのですが、逆に反発がありすぎるベッドを使っても腰痛の原因になります。

 

特に年を取って筋力が弱っている人、元々腰が弱いという人は、反発力の弱いベッドを使用しましょう。

そういった人は、ベッドの反発力で腰が持ち上げられることで、腰椎に負担がかかってしまうため、多少体が沈むぐらいの柔らかいタイプのベッドの方がおすすめです。

 

 

腰痛対策はまず自分の骨格や体質を知ることです。

寝具などを専門に取り扱っている店などに行けば、しっかりと測定をして、適切なベッドを選んでくれます。

 

現在の腰の状態に合わせて適切な種類の物を選びましょう。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ