家具暮らしの情報空間
リンテルノ

レースカーテンの意味と役割

レースカーテンの意味と役割

 

カーテンを取り付ける時に、レースカーテンは必要ないのではないか、と思ったことがある人はいませんか?

確かに厚手のカーテンと比べると、遮光性もプライバシー保護の部分で見てもレースカーテンは弱く感じ、必要性を疑問視してしまうかもしれません。

しかし、実はレースカーテンは色々な役割を持っているのです。

 

 

■プライバシー保護

 

最近では光などを反射して、家の中からは外が透けて見えるのに外から中は見えにくくなっているレースカーテンがほとんどという事はご存知ですか?

日中家にいる時や夜間窓を開けている時などには、厚手のカーテンを閉めることはあまりないでしょう。

 

そんな時、レースカーテンがなければ家の中が丸見えになってしまいます。

厚手のカーテンを開けてレースカーテンだけを閉めることで、風は適度に通しながらプライバシー保護の役割も果たしてくれるのです。

 

 

■紫外線対策

 

プライバシー保護と並んで非常に重要な役割が紫外線対策です。

家の中の家具は紫外線に弱い物が多くあります。

 

レースカーテンにはUVカットの機能が付いたものが多くあり、そういったものを使用することで紫外線が室内に入ることを防いでくれます。

結果、家具の寿命を延ばすという非常に大きな役割があります。

 

また、紫外線を防ぐことができるという事は太陽光を防ぐということなので、部屋の温度上昇を抑える役目も果たしてくれるのです。

 

 

■インテリア

 

レースカーテンには、インテリアの一部としての役割もあります。

最近は様々な柄のレースカーテンが販売されています。

部屋の雰囲気に合わせて選ぶことで、インテリアの一部として楽しむこともできるのです。

 

 

■ホコリ対策

 

レースカーテンは意外かもしれませんが、ホコリ対策にもなります。

これはレースカーテンを洗ってみると分かるでしょう。

 

洗濯する水が真っ黒になるほどホコリを吸着していることも珍しくありません。

レースカーテンは薄くてすぐ乾くことから、厚手のカーテンよりも洗濯頻度を増やすことでホコリ対策に非常に役立ちます。

 

 

上記のように厚手のカーテンとレースカーテンを二枚重ねるという事には大きな意味があります。

レースカーテンには大事な役割があるという事を理解し、必要な機能が付いているレースカーテンを選択して購入することで、より快適な生活を送ることができるでしょう。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ