家具暮らしの情報空間
リンテルノ

ベッドの捨て方や廃棄方法とは

ベッドの捨て方や廃棄方法とは

 

新しいベッドに買い替えたときや、引越しなどの理由でベッドが不要になったときは、古いベッドを廃棄しなくてはなりません。

 

ベッドは大型の家具ですから、基本的にはお住まいの自治体の処分方法に従うのが望ましいです。

しかし、廃棄する以外にもいくつか方法がありますので、その方法について紹介していきます。

 

■粗大ごみとして出す

 

ベッドを捨てる場合は、基本的には粗大ごみ扱いになります。

廃棄を依頼する場合は一般の粗大ごみ業者か、自治体のごみ収集センターに依頼をすることになります。

 

自治体に依頼をするときは、粗大ごみ用のシールをコンビなどで購入し、回収員に見やすいようにベッドに貼ります。

指定された時間と場所に出しておけば、回収車が回収しにきてくれます。

もしくは直接清掃センターに持ち込んで、処理料金を払って処分をしてもらいます。

 

ただし、それぞれの自治体によって廃棄方法が異なりますので、それぞれの処分方法に従うようにしましょう。

 

また、一般の処分業者でも粗大ごみを引き取ってくれるところがあります。

依頼をすると自宅に来てくれて見積りを出してくれますので、料金に納得できたらそのまま引き取りをお願いする方法もあります。

 

どちらの料金が安いかは比較してみないとわかりませんし、一般業者の場合は業者ごとに処分価格が異なりますので、よく価格を比較検討してみましょう。

 

 

■リサイクルショップに依頼をする

 

よほど老朽化していない限り、ベッドを捨てるのではなくリサイクルショップに持ち込むことができます。

車を持っていなくて自力での持ち込みが難しい場合は、依頼すればお店の方が見積りと引き取りにきてくれる可能性が高いので、お店に問い合わせをしてみましょう。

 

粗大ごみとして処分するとお金がかかりますが、リサイクルショップで買取ってもらえるなら、買取料をもらえるので逆にお得になります。

 

ただし、マットレスは買い取ってくれる可能性は低いようです。他人が寝ていたところですからね。

 

 

■家具屋、引越し業者に依頼をする

 

ベッドを買い替える場合は、新しいベッドを購入した家具屋に、古いベッドの引き取りをしてくれるか聞いてみましょう。

その家具屋で新しい家具を購入する代わりに、古い家具を引き取ってくれるサービスを実施しているところもあります。

 

また、引越しの際に不要となる時は、引越し業者に依頼して処分をしてもらえる場合もあります。

有料になる可能性もあるので、処分が可能かどうかと併せ確認してみましょう。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ