家具暮らしの情報空間
リンテルノ

金沢の日本酒の酒造おすすめ5蔵

金沢の日本酒の酒造おすすめ5蔵

 

石川県は、白山水系の清水が流れていて、寒冷な気候に加えて、良質な米の産地であるなど、おいしい日本酒を造る条件のそろった地域となっています。

そのため、この地域の日本酒は、江戸時代以前から称賛されていました。

このような石川県の中でも、歴史的雰囲気を感じられ観光スポットとしても人気の金沢で、おすすめの日本酒の酒造を紹介します。

 

 

■福光屋

寛永2年(1625年)創業の、金沢で最も古い酒造です。

年間の生産量が万石を超える大きな酒造ですが、製造する日本酒全てが純米酒で、手作りにこだわっています。

また、使うお米は全て契約農家で作り、水には「100年水」と呼ばれる白山源流の湧水を使用しています。

 

・おすすめの日本酒

代表的なのは「黒帯」ですが、コクやふくらみ、キレ、品のバランスが良いお酒で、冷酒にも燗にも向いています。

また、「加賀鳶」もおすすめで、キレのある辛口で、うま味も大切にされたお酒になっています。

 

・住所:石川県金沢市石引2-8-3

・URL:http://www.fukumitsuya.co.jp/

 

 

■中村酒造

文政年間に創業した歴史ある酒造ですが、有機米を使った日本酒の開発や、フランス料理界の巨匠とのコラボなど、新たな日本酒造りも積極的に行っています。

 

・おすすめの日本酒

「日榮」が中村酒造を代表する日本酒となっています。

コクがありながらすっきりとしたうま味のある日本酒です。

 

・住所:石川県金沢市長土塀3-2-15

・URL: http://nakamura-shuzou.co.jp/

 

 

■久世酒造

天明6年(1786年)創業の酒造で、自社の田んぼで作ったお米を使用し、ブランドごとに硬水と軟水を使い分けて作っていることが特徴です。

お米から日本酒までを一貫して自社で生産している酒造は、日本ではここだけで、全国新酒鑑評会でも何度も受賞しています。

 

・おすすめの日本酒

おすすめは、硬水の地下水を使用して作る「長生舞」です。

コシがあり、キレの良い個性豊かなお酒で、大吟醸を10年から25年寝かせた珍しい日本酒もあります。

 

・住所:石川県河北郡津幡町清水イ122

・URL: http://choseimai.co.jp/

 

 

■武内酒造

近隣にのみ製造直販をしている小さな酒造です。

醸造用アルコールを添加するなど、昔ながらの製法にこだわっているあたりも特徴的な酒造となっています。

 

・おすすめの日本酒

「御所泉」が有名ですが、ほとんど金沢でしか見ることができないため、幻のお酒とも言われています。

 

・住所:石川県金沢市御所町イ22番地乙

・URL:なし

 

 

■やちや酒造

寛永5年(1628年)創業で400年近い歴史があり、前田利家公も愛したと言われている酒造です。

日本酒だけでなく、酒蔵の建物にも歴史があり、江戸中期に建てられた酒蔵は、現在では文化庁登録有形文化財にも指定されています。

 

・おすすめの日本酒

「加賀鶴」の純米吟醸は、フルーティな味わいで女性にもおすすめです。

この他、加賀鶴の純米酒や大吟醸なども、やちや酒造おすすめのお酒となっています。

 

・住所:石川県金沢市大樋町8-32

・URL: http://www.yachiya-sake.co.jp/

 

 

このように、金沢には、歴史のある酒造が残っています。

中には見学させてもらえる酒造もあるので、金沢を訪れた際には観光スポットだけでなく、様々な酒造の日本酒もぜひ味わってみてください。

 

もし、お気入りの日本酒が見つかったら、ぜひお土産に購入してみてください。

自宅で日本酒を楽しむ際は、グラスやランチマットを飲むお酒に合わせて変更することもおすすめです。また日本酒の瓶を棚に並べることで、インテリアとしても活用することもできます。

 

お酒の味や、その時々に合わせたスタイルで飲む空間を工夫させることで、より豊かな生活空間を発見することができるかもしれません。

生活の中での新たな発見、あなたのライフスタイルをより豊かにするきっかけづくりをリンテルノはお手伝いします。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ