家具暮らしの情報空間
リンテルノ

ホームパーティーのマナーで気をつけたいこと(服装・手土産・お手伝い)

ホームパーティーのマナーで気をつけたいこと(服装・手土産・お手伝い)

 

皆さんはホームパーティーに招待された際、どのようなことに注意されているのでしょうか。

せっかく呼んでいただいたホームパーティーですので、失礼のないようにしたいですよね。

 

ここでは初めてホームパーティーに参加される方、また普段何気なく参加してしまっている方に、ホームパーティーの服装や手土産、当日の手伝いなどで気を付けておきたいことを項目ごとに紹介します。

 

 

■ホームパーティーでの服装

 

・服装の選び方

どのようなホームパーティーかによって着ていく服装を考えましょう。

 

アットホームな形であれば、露出の多いお洋服での参加は避けましょう。

あまり派手になりすぎてしまうのも悪目立ちしてしまいます。

短い丈のスカートも避けておくべきでしょう。

床に座ることがわかっている場合などは、スカートよりもパンツスタイルにした方が良いかもしれません。

ワンピースを選ぶ場合は、ノースリーブは避け、スカート丈も膝が隠れるものが良いでしょう。

 

また、袖の広がるお洋服は避けた方が良いでしょう。

ホームパーティーではお料理の取り分けや片づけをお手伝いするかと思います。

その際、袖を汚してしまうかもしれません。

そうならないためにも、袖が邪魔にならないような服装の方が良いでしょう。

ビジューのついた明るめのアンサンブルニットなどは、華やかでありつつ上品な印象を与えられるのではないでしょうか。

 

なお、カジュアルすぎるジーンズなどは、ほかのお客様に失礼な場合があります。

ジャケットはなくても問題ありませんが、着ていて損をするということはないでしょう。

 

派手すぎずラフすぎない服装を目指すと、ついつい失敗の少ない黒・白・紺などのモノトーンカラーを選びがちです。

ですが、せっかくのパーティーですので重くなりすぎないよう、柄物を選んだり、小物で明るめの差し色を入れるなど工夫すると良いでしょう。

 

服装に不安な点があれば、ホストやほかの参加者の方に事前に確認することをおすすめします。

 

・髪型

髪が長い方は、髪の毛が落ちるのを防ぐため、軽くまとめておく方が良いでしょう。

また、香りの強いヘアスプレーの使用は避けましょう。

 

・足元・靴

脱ぎにくく履きにくいロングブーツは玄関が混む原因になってしまうため、避けた方が良いでしょう。

 

そして、素足はNGです。

必ず靴下やストッキング、タイツ等を履くようにしましょう。

また、においについても気にするようにしましょう。

 

・バック(荷物)

荷物はあまり大荷物を持ち込むことのないようにしましょう。

お客様の数が多い場合や、お部屋の広さによって荷物スペースがあまりない場合もあります。

他の方の邪魔にならないよう、できるだけ手荷物は少なめにしてお邪魔するようにしましょう。

 

・アクセサリー、香水

気をつけたいのは、香水です。

せっかくのお料理の邪魔になるような香りのキツイものは避けるようにしましょう。

 

 

■ホームパーティーで喜ばれる手土産

 

ホームパーティーは料理を持ち寄ったり会費制の場合もありますが、会費制の場合でも招待いただいた感謝の気持ちを込めてホストへの手土産は用意した方が良いでしょう。

手土産の金額の目安は2,000~3,000円位が相場のようです。

 

ホームパーティーの手土産として気を付けたいのは、手作りのものは避けるということ。

ホストは招待したゲストに喜んでいただくために、手料理を準備していることもあります。

お菓子やちょっとしたおつまみを手土産にする場合も、手作りのものは控えた方が良いでしょう。

 

では、具体的にどのような手土産が喜ばれるのでしょうか。

 

・お菓子やおつまみ

前述した通り、手作りのものは控え、ホームパーティーの場で他のゲストにも楽しんでもらえるものを選ぶようにしましょう。

また、残ってしまった時のことも考え、個別包装されているものや日持ちするものを選ぶと良いでしょう。

 

お酒と相性の良いチョコレートやドライフルーツ、おつまみであればチーズやハムなど、手軽につまんで一口で食べられるものだと、メインのお料理を邪魔せずテーブルを彩ることができます。

 

・ワインやジュース

手土産の定番的存在と言えば、ワインではないでしょうか。

ワインは種類も豊富で価格帯も様々ですが、手土産として選ぶ際は、あまり高級すぎるワインは避けた方が良いでしょう。

 

ホームパーティーの場でゲストと一緒に気軽に飲めるという基準で選び、クセの強いものは控えましょう。

乾杯用としてスパークリングワインを選ぶのもおすすめです。

 

また、お酒の飲めないゲストや子供のいるパーティーなどであれば、ジュースも選択肢のひとつです。

100%のフルーツジュースや、保存料や食品無添加を使わない自然派のジュースなど、普段は飲まないようなちょっぴりこだわりのあるジュースを選ぶと良いでしょう。

 

・花

 

ホストはゲストのおもてなしや料理の準備で忙しいので、フラワーアレンジメントやプリザードフラワーなどすぐに飾れるものがおすすめです。

テーブルを飾るお花があるだけで、食卓が華やぐことでしょう。

 

ただし、あくまでテーブルの主役はホストが用意してくださった料理がメインです。

お花を選ぶときは、料理やテーブルの邪魔にならないよう、小ぶりのアレンジメントを選ぶと良いでしょう。

また、香りの強い花、花粉・花びらなどが落ちやすいものは避けるようにしましょう。

 

 

■ホームパーティーでのお手伝い

 

ホームパーティーに招待された側だからと言って、ホストの家にお邪魔してただ食事やお酒を楽しんでいれば良いというわけではありません。

とはいえ勝手に他人の家やキッチンを動き回るのもマナー違反です。

 

ゲストのお宅に到着したら、まず「何かお手伝いできることはありますか?」と一声かけるようにしましょう。

料理の準備などはホストがすべてやってくださる場合でも、料理を取り分けたり食器を片付けるなど、ちょっとした心配りができるよう準備しておきましょう。

 

また、子供も一緒に集まるホームパーティーであれば、ホストのお子様や他のゲストのお子様にも目を配り、子供と一緒に遊んであげると良いでしょう。

そうすることでホストの方はゲストへのおもてなしに集中することができます。

 

こうした小さな気遣いが、ホストの方からすれば「またご招待したい」と思っていただけるきっかけとなります。

 

 

以上、ホームパーティーに招かれた際の注意点をご紹介しました。

上記を参考にしていただき、パーティーを楽しんでくださいね。

 

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ