家具暮らしの情報空間
リンテルノ

サイドボードの高さの種類と利用方法

サイドボードの高さの種類と利用方法

 

サイドボードとひと言で言っても、そこには様々な種類があります。

皆さんもサイドボードと言われて思い浮かべるものは、それぞれ違うもの・形であるかと思います。

今回はサイドボードの高さに注目して、どのような場所で、どのような使い方ができるのか紹介していきます。

 

 

■低いサイドボード(60cm、70cm)

 

低めのサイドボードは、収納棚としてはもちろん、サイドボードの上にテレビを置くテレビ台としても最適です。

テレビ台として活用するためには、テレビ自体の高さも考慮する必要があります。

そのため、低めのサイドボードでなければテレビ台として利用することはできません。

 

また、低めのサイドボードは、その上を飾り棚として利用することができます。

観葉植物を飾ってみたり、かわいい小物を置いてみたり。

ご自身の好きに飾ってみてください。

 

他にも、食器棚として利用しつつ、キッチンとリビングの仕切りとして使う方法もあります。

 

 

■高いサイドボード(100cm、110cm)

 

高めのサイドボードは、主に収納棚としての活用が適しているでしょう。

100cmほどの高さになると、サイドボードの上にあまり高さのあるものを置くのはおすすめできません。

もちろん軽めのものや、小さいものでしたら大丈夫ですが、割れやすいものや、高さがあるものを置くのは控えた方が良いでしょう。

 

高めのサイドボードであれば中の収納力も多いため、なかなか片付かない洋服や本など、ご自身の用途に合わせて収納しましょう。

 

ガラス戸のついたタイプであれば、もちろん食器棚として利用するのも良いですが、骨董品やご自身が大切にしているものを飾るのもおすすめです。

背の高いサイドボードは重厚感があるため、中に飾ることで宝物がより輝いて見えることでしょう。

 

 

様々なサイズ、高さや形によって、その使い方も豊富なサイドボード。

高さや置き場所に合った、上手なサイドボードの使い方をご自身でぜひ探してみてください。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ