家具暮らしの情報空間
リンテルノ

ソファのずれを防止する方法

ソファのずれを防止する方法

 

ソファでのんびりしながら寛ぐ時間はおうちでの至福のひとときです。

けれども、ソファや床の材質によっては、ソファにもたれるとずれて困ってしまうことがあります。

 

市販のソファ用の滑り止めシートを敷いて対応できる場合もありますが、その他にはどのような対策があるのでしょうか。

ソファのずれを防止する方法を紹介していきます。

 

■ソファがずれる方向に固定を置く

 

座ったときや後ろにもたれかかったときなど、力がかかるとソファがずれていきます。

ソファを使う環境にもよりますが、ずれる方向が決まっているのであれば、その方向に重さのある家具を置いてずれを防止します。

 

壁際にソファを置いたり、ソファが動く方向に本棚などの家具を置いて固定する方法です。

簡単に行える方法ですが、ソファのずれに他のインテリアの配置が左右されてしまうのがデメリットです。

 

 

■必要なところだけフローリングのワックスをはがす

 

一般的にフローリングにはワックスがかけられています。

ワックスの効果でフローリングに光沢やツヤがでて、美しい部屋を保つことができます。

ですが、ワックスのおかげで滑りやすくなるのも事実です。

 

足つきソファなど、ソファとフローリングの接する部分が小さいときは、ソファの足の部分だけフローリングのワックスをはがすのも一つの方法です。

 

やり方は、まずフローリングのワックスをはがしたい部分に石鹸をこすりつけます。

その後に水拭きして石鹸の成分をよく取り除きます。

水拭きしたところが乾いたら、滑りにくいワックスを塗って乾燥させましょう。

 

 

■カーペットやラグを活用する

 

フローリングの床にソファを直接置くと、ソファと床の摩擦が少ないのでずれやすくなります。

床とソファの間にカーペットやラグを敷いて、摩擦を大きくしてずれを防止します。

 

カーペットやラグの下に専用の滑り止めを敷くと、さらに摩擦を大きくできるのでずれにくくなります。

 

 

■フローリングに固定する

 

ホームセンターなどで耐震グッズを見ると、家具を固定するグッズも多数あります。

中には粘着質のシートで、不要になったらはがせるシートもあります。

 

このような粘着性のシートをソファに貼って、フローリングとソファを固定するとずれ防止になります。

粘着性のシートを使用する場合、時間がたつと材質が劣化してくるので、定期的に交換すると良いでしょう。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ