新しい働き方を提案します。

社員のモチベーションを上げるオフィス環境の作り方

企業として良い結果を生み出すために不可欠なのが、社員の仕事へのモチベーションが高いことです。今回は「社員のモチベーションを上げるオフィス環境」の作り方について、弊社での導入例も交えながらご紹介します。

 

社員のモチベーションが上がるオフィスとは?

 

デスクとパソコンを置いただけでは良いオフィスは生まれない

オフィスの必需品と言えばデスク・パソコンですが、それさえあれば良いオフィスが生まれるというわけではありません。その2つは言ってみれば「オフィスの最低限のツール」です。

 

社員のモチベーションを上げる環境を作るには、それに加えて「快適に働ける、仕事に集中できる空間」が必要です。それを成立させる3つの条件を見ていきましょう。

 

1.自由でフラットなコミュニケーションが可能なオフィス

社員同士が自由に、フラットにコミュニケーションを取り合えるオフィスは、自然と社内の結束力が高まるとともに、各々が良い刺激を受け合える環境となります。そのような環境下では、社員のモチベーションが上がりやすいことに加え、日常的に良いコラボレーションが生まれます。

 

2.社員のプライバシーを保つ工夫がされているオフィス

オフィス内の自由性を重要視するあまり、個人のプライバシーも何もない、という状況に陥ってしまうのは避けなければいけません。社員のプライバシーは守る工夫をしながら、選択の自由のある空間を作ることが大切です。

 

3.リラックスできるスペースが確保されているオフィス

良質なオフィスに欠かせないもののひとつが、リラックス・スペースです。どんなに集中力に自信がある社員でも、一度に集中できる時間には限りがあります。適度に休憩を取り、その休憩時間をいかに十分にリラックスして過ごせるかがパフォーマンスに関わってきます。

 

休憩所やラウンジ、カフェなどのスペースの快適性は、社員の会社に対する満足度にも反映されるでしょう。

 

 

山岸製作所が実践しているオフィス環境整備の実例

 

弊社では、オフィス環境を整備することで社員のモチベーションを上げ、それと同時に社員同士のコミュニケーションの活発化も促しています。以下で詳しくご紹介します。

 

フリーアドレス導入によるコミュニケーション活性化

固定の座席に一日中座るのではなく、その日ごと、または一日の中でもプロジェクトごと・または気分次第で、自由に着席して作業をするフリーアドレス。弊社ではフリーアドレスを導入のうえ、出社したら必ず「昨日とは違う座席に着席する」というルールも設けています。

 

従来のオフィス環境では部署ごとに座席が決まっている場合がほとんどなので、違う部署の人や座席が離れた人とコミュニケーションを取ることは物理的に難しく、コミュニケーションの範囲が限られてしまいますが、フリーアドレスではそれを解消できます。

 

現在参加しているプロジェクトのメンバー同士が近くに座ることで、より密度の高い意見交換も可能になり、偶然その日近くに座っている人と会話する機会も多くなります。

 

気分転換も兼ねて午前と午後で違う座席に座ることもできるので、コミュニケーションの幅も広がり、それが新鮮なアイデアのきっかけにもなります。

 

「フリーアドレス導入前は、自席周りの方と頻繁にコミュニケーションを取ることが多かったです。しかしフリーアドレス導入後は、固定席時の自席付近にいなかった方の近くに席を設けることで、その方とコミュニケーションを取ることが多くなりましたので、フリーアドレス導入はコミュニケーションの活性化に繋がっていると実感しております。」(営業部 堀翔太)

 

ラウンジを設けて自由な交流を促進

弊社では、社員のリラックス・スペースであるラウンジをオフィス中央に設けることで、社員同士の自由な交流を促進しています。

 

ここではいつも、エスプレッソマシーンで淹れたコーヒーを片手にリフレッシュしながら、自然なコミュニケーションを取り合う社員の姿があります。仕事の合間に一息つけるスペースの存在は、社員のモチベーションにも直結します。

 

「ラウンジ導入の目的はまずコミュニケーション不足解消のために、カジュアルな空間を設けて自然な会話を促すことでした。コミュニケーションのためのリフレッシュ空間です。
(営業部 主事 横山翔)

 

集中スペースでプライバシーの確保

フリーアドレス、ラウンジと「自由」「コミュニケーション」を軸に置いた施策について続けてご紹介しましたが、自分一人の業務に集中できるスペースがしっかりと確保されていることも、良いモチベーションを保つオフィス環境には重要なポイントです。弊社では、「集中スペース」も設置し、プライバシーを確保できる場での作業も可能にしています。

 

「事務所に集中スペースを設置することで、周りの目や騒音を気にせず自分の仕事に集中できる所が一番のメリットだと感じます。また、簡単な打ち合わせ等でも使用可能です。上司のお願い事や雑談・雑用など、仕事中は様々な障害がありますが、一人になりこもれるスペースがあることでそれらのストレスを軽減、仕事の効率化にも影響していると思います。集中して仕事ができるので残業時間が減り、早く帰宅することに繋がっていると感じてます。」(営業部 八橋一成)

 

 

いかがでしたでしょうか。今回見てきたように、社員のモチベーションを上げるオフィス環境作りには「自由なコミュニケーション」「プライバシーの確保」「リラックスできるスペース」のすべてが同等に大切です。ひとつにこだわりすぎるのではなく、バランス良く環境を整え、社員の満足度も上げられるのが理想的です。

新しい働き方始まる