家具暮らしの情報空間
リンテルノ

家具を捨てる方法や料金について

家具を捨てる方法や料金について

 

いらなくなった家具を処分する時は、ものすごく大変だと思います。

その中でも、家具を捨てる方法で悩んでいる人は多いでしょう。

 

家具の捨て方にも違いがあり、方法によって特長が異なります。

また、その時にかかる料金にも違いがあるため、どんなところに注意する必要があるのでしょうか。

 

 

■自治体に回収してもらう

 

家具を捨てる方法で最もオーソドックスなのが、自治体に依頼する方法です。

 

回収を依頼し、必要となるごみ処理券の金額や受付番号などを聞き、ごみ処理券を購入します。

ごみ処理券に必要事項を記入して貼り付け、回収日の当日に指定された場所に運べば、自治体が回収してくれます。

 

 

■不用品回収業者や引っ越し業者に依頼する

 

最近では不用品回収業者に依頼する方法も主流になりました。

 

電話やインターネットから見積もりを依頼し、その時に依頼日も指定することができます。

見積もり後は回収業者に自宅まで来てもらえば手続きは完了です。

 

また、引っ越しの際には引っ越し業者に家具の処分を依頼することもできます。

処分には料金がかかり業者によって異なりますが、場合によっては無料になることもあります。

 

 

■リサイクルショップに買い取ってもらう

 

状態が良くて、捨てるのにはもったいないと思う家具なら、リサイクルショップに買い取ってもらう方法もあります。

処分に費用がかからないことが特長で、お金がもらえることも大きな特長です。

 

高級家具ならそれなりの価格で買い取ってくれますが、見た目が重要になるので、傷などがあると査定額にも影響します。

また、先ほどの回収業者などに依頼する方法とは違い、家具を自分でお店まで運ぶ必要がある点でも注意が必要です。

 

 

■家具を捨てる時にかかる料金

 

家具を捨てる時にかかる料金は、その方法によって異なります。

 

自治体に回収してもらう方法では、その相場は200~1,500円程度といわれています。

回収業者の場合、例えばタンス1点なら4,000円はするといわれています。

 

引っ越し業者なら無料でしてくれるところもあります。

リサイクルショップなら、査定によっては高額買い取りになることがあります。

 

いずれの方法でも、まずは確認してみることが大事です。

粗大ごみの出し方や料金は住んでいる地域によって異なるので、必ず確認しましょう。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ