家具暮らしの情報空間
リンテルノ

チェリー材の経年による色の変化や変色について

チェリー材の経年による色の変化や変色について

 

チェリー材は使っていると段々と色が変わっていく、ということを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

実際にどれくらいの変色をしてしまうのか、チェリー材の経年による色の変化や変色について紹介していきます。

 

 

■チェリー材の色の変化

 

一般的にチェリー材を使って作られた家具は、はじめピンクがかった白っぽい薄茶色のカラーで、明るく若々しいイメージです。

 

チェリー材の経年による色の変化や変色について

 

それが、使っているうちに年数を重ねると、ダークな色合いになってきて、艶のあるこげ茶色に変わっていきます。

イメージ的には、深みのある大人のコクのといったところでしょうか。

 

その経年変化が味わい深くて良いという方もいれば、できれば変色させたくないという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

■チェリー材の変色を防ぐ方法

 

チェリー材は木材の中でも経年による色の変化が大きいことで知られています。

変色の要因は様々ですが、一番大きく影響を与えるのが紫外線です。

 

たとえ部屋の中にあったとしても、紫外線は窓からも侵入してくるため、色が変わるのを完全に防ぐ方法はありません。

 

しかし、光に当たらない部分よりも、光に当たる部分の方が色の変化が早いので、テーブルであればテーブルクロスを使用するのもひとつの手です。

 

そして、チェリー材の家具は小まめに配置移動をすることによって、色が変わるのを均一にでき、一部分だけが変色するのを防ぐことができます。

 

チェリー材の家具の上に花瓶などの物を置いておくと、変色によりその部分だけ白い跡が残ってしまうことがあるので、注意が必要です。

 

 

■日頃のお手入れ方法

 

チェリー材に限らず無垢材の家具には水や油は大敵です。

飲み物をこぼしてしまったり、食べ物の油が飛んでしまった場合などは、すぐにふき取るようにしましょう。

 

また、日頃のお手入れは柔らかい布での乾拭きが基本となります。

 

汚れがこびりついてしまったり、小さな傷がついたしまった場合には、サンドペーパーで削るという方法もあります。

 

 

チェリー材が使われた家具は、どうしても年を重ねていくと色が変わってしまうものです。

色が変わるのを遅らせたり、あえて色が変わるのを楽しんだりして、チェリー材ならではの特色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ