家具暮らしの情報空間
リンテルノ

テーブルの選び方のポイント(高さ・サイズ)とは

テーブルの選び方のポイント(高さ・サイズ)とは

 

お茶やお菓子を食べたり、食事をするときに必要になってくるのがテーブルです。

生活の必需品であるテーブルの高さやサイズは、どのような基準で選べば良いのでしょうか。

 

 

■テーブルのサイズ・高さの選び方

 

ダイニングやリビングでのテーブルの主な利用目的としては、食事が一番に挙げられるでしょう。

 

食事をするのに必要な一人分のスペースは、幅60センチ・奥行40センチと言われています。

これを目安に計算すれば、利用人数に応じて必要なサイズがわかります。

 

もちろんサイズを選ぶ際は、人数だけではなく「テーブルを広々使いたい」「スペースを有効活用したい」といった、利用するシチュエーションも大事になってきます。

目安を知っておくことで、用途に合ったサイズがイメージしやすくなります。

 

テーブルの高さも様々ありますが、テーブルと椅子を組み合わせて使用する場合、椅子の座面とテーブルの天板との差が30センチ位が使いやすい目安となります。

使用する人の身長によっても異なりますが、こちらも目安とすることで高さのイメージがつきやすくなるでしょう。

 

テーブルは、低い分には脚を底上げすることで高さを調節できますが、高いものを低くするのは難しいので、そういった点にも注意して選ぶと良いでしょう。

 

 

■ソファに合うテーブルの選び方

 

リビングに置くテーブルにもさまざまな高さがありますが、ソファに合わせたテーブルを選ぶのもおすすめです。

 

ソファに座り、お茶を飲んだりお菓子を食べたりするのを主な目的としてテーブルを使用する場合は、テーブルの高さはソファの座面とほぼ同じくらいの高さ、高くてもプラス5センチくらいが使い勝手が良いでしょう。

その場合の平均的なテーブルの高さは、30センチから50センチ程度です。

 

ソファで食事をすることもふまえると、リビングダイニングソファのようなベンチタイプのソファとダイニングテーブルを組み合わせるのがおすすめです。

その場合のダイニングテーブルの高さは、60センチから70センチが目安となります。

 

 

■狭い部屋でのテーブルの選び方

 

部屋が狭くてもリビングにテーブルやソファを置きたいと考えるでしょう。

しかしそれらを置いてしまうと、部屋全体が家具で圧迫され狭く見えるようになってしまいます。

 

狭い部屋でも広く見せるためには、テーブルもソファも低めの物を選ぶと空間が大きく見える効果があります。

 

低いテーブルの場合、テーブルの下にカーペットなどを敷いておくと、床に座った状態でも使いやすくなります。

このように床に直に座る場合は、テーブルの高さは30センチから35センチ位がおすすめです。

 

また、低めのテーブルをソファと合わせたい場合、低すぎるとソファに座りながら飲み物を飲んだりするのが困難になるので、小さめのサイドテーブルを選ぶと便利でしょう。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ