家具暮らしの情報空間
リンテルノ

テーブルに使われる木材の種類とおすすめ素材

テーブルに使われる木材の種類とおすすめ素材

 

家具屋にテーブルを見にいくと、さまざまな種類のテーブルが見つかります。

使われている木材の材料によって特徴がありますので、目指す部屋の雰囲気や、他の家具との調和を考えて最適なテーブルを選びたいところです。

 

 

■テーブルの種類について

 

テーブルでは木材を使用して作られたものが多いですが、天然木を原料としたテーブルもあります。

天然木を使用して作られたテーブルは重厚感、高級感が感じられます。

 

また、年数が経つと劣化してくる素材もあるのですが、天然木は経年とともに深みが出てきて、また別の味わいが出てきます。

しかし、天然木で製造されたテーブルは非常に高価であることや、乾燥によるゆがみやひび割れが起こりやすいのがデメリットになります。

 

一見本物の木のように見えるメラミン樹脂化粧合板を使って作られたテーブルもあります。

テーブル表面の化粧紙にメラミン樹脂、フェノール樹脂をしみ込ませて何層にもして圧着させて製造します。

 

メラミン樹脂製のテーブルは、表面が固く丈夫なうえに傷がつきにくく、耐熱性があるのが最大のメリットです。

 

食卓としてテーブルを使用している方も多いと思いますが、食卓は熱い物や水分、汚れがつきやすいので、天然木よりもメラミン性のテーブルのほうが長持ちするかもしれません。

メラミン樹脂のデメリットは、天然木のような自然な風合いが出にくい点になります。

 

 

■テーブルで使われる木材について

 

テーブルで使われている木材はいくつかの種類がありますので、主な木材について理解をしておくとテーブル選びの時に役立ちます。

 

野球のバッドでも使われているアッシュも人気があります。

優しい色合いと木目調の模様が特徴的です。

 

ヨーロッパで使用されている家具で多く用いられているオークも、テーブルでよく使用されている木材の一つです。

丈夫でしかも加工しやすいのが特徴であり、使い込むほどに深みが増してきます。

 

ウォルナットといえば世界三大銘木の一つであり、高級家具の原料としても用いられています。

強度も高く、重厚感があるため長持ちします。

 

チェリーもテーブルで使われる素材の一つですが、木の肌触りの良さと経年によって色が飴色に変化してくるのが特徴です。

 

パイン素材もテーブルや家具でよく使われる素材です。

柔らかく加工がしやすく、優しい色合いが特徴ですが、カントリー調のスタイルに仕上げたいときに適した素材です。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ