家具暮らしの情報空間
リンテルノ

自分らしさ・個性を大事にする生き方とは

自分らしさ・個性を大事にする生き方とは

 

洗練された大人の生き方は、自分らしさと個性がいつでも輝いています。

そんな人生を過ごすために必要な「自分らしさ」と「個性」を大切にした生き方が、新たに注目されています。

 

ここでは、自分らしさと個性が輝くライフスタイルをご紹介します。

 

 

■自分らしさを保つ究極の大人のたしなみとは

 

どんなにハードな一日を過ごしても、その日のうちに身も心もリセットできれば、また新しいエネルギーが生まれ前向きに生きられるものです。

心身のリセットは、究極の大人のたしなみとも言えるでしょう。

 

そんな大人のたしなみも、疲れた体を委ねられるソファや、極上の睡眠をサポートしてくれるベッドなど、安らげる家具があってこそではないでしょうか。

自分らしさを失う原因の一つに、安らげる環境が無いことが挙げられています。

自分らしさを保つためにも、癒され寛げるインテリアに囲まれた生活をおくってみてはいかがでしょうか。

 

 

■輝く個性は生活環境を整えることから

 

玄関を見れば、その人の個性がわかると言われるように、一歩家に入ればその人の個性やライフスタイルが見えてきます。

その人の生き様は、家の中に大きく反映されているのです。

 

個性は外で磨かれると思われがちですが、実は家の中で過ごす時間も、自分の個性を磨く源になっているのです。

快適な生活環境を整えることも大人の個性を輝かせるたしなみ、と言えるでしょう。

 

 

■しっくりこないものは「NO」のサイン

 

一日のうちどのくらいの時間を家で過ごしているでしょうか。

中には、外にいる時間の方が多いという方もいるかもしれません。

しかし、家で過ごす時間が長くても短くても、家にいる間つねに触れているものが、リビングのソファや寝室のベッド、書斎の椅子など数々の家具なのです。

 

もしも、触れた時にしっくりこず、違和感を覚えるようであれば、それは自分に合わないサイン。

家具に限らず、しっくりこない服は自分の個性に合わないということ。

自分が触れるものをおろそかにせず、納得のいくものを選び続けることが、自分らしく、個性を大事にする生き方なのです。

 

 

自分らしさや個性を大事にするには、まず自分を知ることが大切です。

自分は何が好きで、何を求めていて、何が必要なのか。

それらを知ることで、自分らしさに磨きがかかり、ライフスタイルの充実に繋がっていくのです。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ