家具暮らしの情報空間
リンテルノ

ソファの背もたれの高さや角度の関係性

ソファの背もたれの高さや角度の関係性

 

ソファを購入しようとするとき、何より重要なのが座り心地ではないでしょうか?

では座り心地には何が重要なのでしょう。

 

様々な要因があると思いますが、ここではソファの背もたれの高さや角度について注目していきます。

背もたれの高さや角度によって、座り心地の違いはあるのでしょうか。

 

 

■背もたれの高いソファの場合

 

一般的にハイバックソファと呼ばれるものが背もたれの高いソファになります。

ハイバックソファは頭まで支えられるくらい背もたれが高いのが特徴になります。

では、ハイバックソファのメリットやデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

 

メリットとして最初に挙げられるのは、背もたれが高いので頭まで支えることができ、姿勢が安定するという事です。

頭の部分まで背もたれがサポートしてくれるので、座り心地が非常に楽になるのです。

 

では、デメリットはあるのでしょうか?

デメリットとしては背もたれが高い=全体的に大きくなるという事で、圧迫感を感じてしまうという事です。

狭い部屋や、部屋の真ん中に置く際などは、ソファの大きさが気になるかもしれません。

 

他にも、メリットでもある頭の部分までサポートしてくれるという事が、逆にデメリットに感じてしまうこともあります。

確かに頭の部分までサポートがあると一見すると楽に感じますが、頭が自由に動かせないという事で長く座る場合には、窮屈さを感じてしまうこともあるようです。

メリットである安定感がデメリットに傾くこともあるのです。

 

 

■背もたれの低いソファの場合

 

では背もたれの低いソファはどうなのでしょうか?

 

メリットとしてはハイバックソファと逆で、造りがコンパクトになるため圧迫感が少なく、狭い部屋や部屋の真ん中に設置する場合でも比較的設置しやすくなります。

また、背もたれに頭を乗せることができるので、作業中の小休止や首のストレッチなどもできます。

 

デメリットとしてはこの場合もメリットの逆で、頭までサポートがないので座っている間も頭は首で支えることになります。

そうなるとリラックスという部分で考えると、物足りないと感じることがあるかもしれません。

 

 

■背もたれの角度と座り心地の関係

 

上記では高さについて触れましたが、角度の違いで座り心地に変化はあるのでしょうか?

 

ソファに身を任せてリラックスしたい場合は、背もたれが少し寝ているくらいの角度のほうが良いでしょう。

しかし、ソファの前のテーブルで軽食を取り、書き物をするなどの場合には、背もたれは立っているほうが良いのです。

つまり背もたれの角度と座り心地というのは、ソファに座ってどのような作業を行うのかで変わってきます。

 

ソファの場所を広く使えるのであれば、リクライニング機能のついたソファも便利です。

リクライニングソファあれば、その時の状況や目的に合わせて角度を調整できるので、最適な座り心地にすることができます。

 

 

ソファの座り心地は人それぞれで違います。

腰や首の状態や、体形、座って何をするのかなど様々なことが関係してくるからです。

 

他の人から勧められたソファを購入してみても自分には合わなかったということもあり得るので、ソファを購入する際には自分自身が座ってみて、本当に良いと思ったソファを選びましょう。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ