家具暮らしの情報空間
リンテルノ

ダイニングテーブルの形や脚の種類による違い

ダイニングテーブルの形や脚の種類による違い

 

ダイニングテーブルと一言にいっても、その形や大きさは様々あります。

せっかく買うのなら後悔しないためにも、どんな種類があり、どんなお部屋に向いているのかを事前に知っておくのが良いでしょう。

 

また、ダイニングテーブルの脚の種類についても紹介していきたいと思います。

 

 

■ダイニングテーブルの形の種類

 

・長方形タイプ

4人から6人掛けのタイプに多い形です。

ダイニングテーブルの代表的な形のため、種類も豊富です。

壁につけて使用することもでき、奥行きを広く感じさせてくれます。

 

・正方形タイプ

一人暮らしや2人掛けに向いています。

コンパクトなタイプが多いため、来客などが多いご家庭にはあまり向いていません。

 

・楕円形タイプ

丸みを帯びているため、温かみを感じさせます。

角がないため、お子様がいる家庭にもおすすめです。

また、お部屋をすっきり広く見せてくれる効果があります。

 

・円形タイプ

横幅と奥行きがあるので、少し広めの空間が必要となります。

正方形に近い形のお部屋に向いています。

お互いの顔を見渡せて座ることができ、角がないため、座る人数を限定させません。

 

 

■ダイニングテーブルの脚の種類

・四本脚

一番多いタイプがこの形でしょう。

四隅に脚があるため、安定感があります。

短い辺にもイスを入れることができ、スペースを有効に使うことができます。

ダイニングテーブルの形や脚の種類による違い

 

・二本脚

脚が太いタイプが一般的なため、地面と接する部分が多くなり安定感が増します。

ただし、テーブルの短い辺に座ると足がぶつかるため、座りにくくなります。

テーブルの四隅の脚が邪魔にならないため、ベンチシートを置く場合はおすすめです。

ダイニングテーブルの形や脚の種類による違い

 

・一本脚

天板円形タイプに多くみられます。

テーブルの周りにイスを好きなように置くことができます。

ダイニングテーブルの形や脚の種類による違い

 

・箱脚

重厚感を感じさせるデザインです。

脚に収納機能がついているテーブルもあります。

ダイニングテーブルの形や脚の種類による違い

 

以上、簡単ですがダイニングテーブルの形の種類と脚の種類について、ご紹介させていただきました。

見た目はもちろんですが、ダイニングをどのように使っていきたいか、実際の生活をイメージしてみてから、探してみるのはいかがでしょうか。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ