株式会社山岸製作所

Concept
コンセプト

次世代オフィス空間L'SCENA<リシェーナ>はありのままの「働き方」をお客様に直接ご覧いただこうという先進的なオフィス空間です。

新しい働き方に挑戦

山岸製作所はこれまでに、人が人として輝ける時間を豊かにするためのご提案を行ってきました。

リンテルノが提案する「暮らし方」とともに、今こそ重視しなくてはならないのが「働き方」であると私たちは考えます。

ヤマギシは金沢市粟崎町のオフィスをL'SCENA<リシェーナ>と名付け、新しい働き方に挑戦し、実践するためにオフィス家具を通した最も効率的、且つ有機的な働き方を追求しております。

「SCENA」とは、イタリア語で「舞台」のこと。社員自身がこの新たな舞台で日々、働き方を進化させています。

オフィスが変われば働き方が変わる

リシェーナは、そのありのままの「働き方」をお客様に直接ご覧いただこうという先進的なオフィス空間でもあるのです。単にオフィス家具を見ていただこうというショールームではありません。

オフィスが変われば働き方が変わる──このことを信条に、ヤマギシが培ってきた知識と経験に基づく様々な工夫をオフィス空間の随所に採用しています。

世界最高レベルの家具を取り扱ってきたヤマギシならではの上質感はもちろんのこと、金沢から先進的でユニークなワークスタイルやビジネスコミュニケーションを発信していこうという強い思いが込められています。

私たちは既にこの新しいオフィスで日々、コミュニケーションが促進し、業務が効率化していくのを感じています。

中小企業だからこそできる持続的成長を可能にさせるヤマギシの「挑戦」を、ぜひその目でご覧ください。

リシェーナの特長

ヤマギシがヤマギシ自身の働き方を改革するために考えに考え抜いた次世代オフィス、それがリシェーナです。ここにはインテリア事業を通じて豊かな暮らし方提案を行ってきたヤマギシならではの独自性が随所に生きています。

例えば、コミュニケーションスペースを徹底的に増やしたのは「人が人として輝ける」という本質に忠実でありたかったために他なりません。効率性の追求、ムダの削減、モチベーションの向上ももちろん目指しています。リシェーナは、ヤマギシの社員が実際に働き、検証を重ねて進化し続ける「生きたオフィス」なのです。

01固定席がないオフィスとは?
「おはようございます」と、社員が座る席は毎日ちがいます。固定席なんてありません。このオフィスは、その日の作業内容や気分によって、好きな席に着いてかまわないのです。このようなフリーアドレスはコミュニケーションが活性する効果が期待されます。また、オフィス面積を有効活用する効果も。大型ワークデスクのモニターに自分のタブレットPCを接続して業務開始。全社員にタブレットPCが配布されているので、いつでもどこでも会社と同じ環境での作業が可能となります。

02真ん中ラウンジでコミュニケーション
オフィスの真ん中、社員の交通量が多い場所にラウンジを設けました。方向性を持たないソファは、どの向きに腰掛けてもOK。目と目が合って、声掛け合って、コミュニケーションが促進するしかけです。
また、オフィス内にはミーティングスポットを点在させていて、ひらめいたらすぐに、どこでも打ち合わせができるようになっています。

03見える化&ペーパーレス促進
タブレットPCは会議でも活躍します。会議室には、無線対応で誰でもすぐにプレゼンテーションできるシステムを採用。ICTの活用は情報共有を活性化し社内にナレッジを蓄積し、ペーパーレスにも貢献します。

04プレゼン能力の向上にひと役
ガラス製のホワイトボードを各所に設置しています。書いて説明することで社員のプレゼンテーション能力が飛躍的に向上するためです。

05集中力が高められる空間
この不思議な密室空間は、集中エリア。オフィス内を間仕切りすることなく、集中が必要な作業やコンフィデンシャルなミーティングができるスペースを創出しました。

06働く気分の高め方
窓の外に緑が広がっている環境を資産として利用し、ハイカウンターを設置しました。デスクを変えることでリフレッシュ。ヤマギシはオフィス全体が執務エリアなのです。

07上質な空間がもたらすもの
Dolce & Gabbanaのために製作したものと同型のカウンターに、De’Longhi社のエスプレッソマシーンをセットしました。上質な空間づくりのためのヤマギシらしいあしらいです。

08立ち会議という効率の求め方
この会議デスクは高さが変更できます。一度でも「立ち会議」を経験したら、その効率のよさを感じていただけるはずです。

09立ち仕事で健康経営を実践
デスクに座って働き続けると健康によくないことをご存じですか。時にはデスクを高くして、立位で働いてもらうことによる健康経営の実践をヤマギシは提唱しています。

10タブレットPCを携えて自由に移動
大型ワークデスクに整然と並ぶのはモニター のみ。このモニターに自分のタブレットPCを つないで業務を開始します。