家具暮らしの情報空間
リンテルノ

ペンダントライトの長さを調整する方法

ペンダントライトの長さを調整する方法

 

ペンダントライトとは、コードやチェーンで吊り下げるタイプの照明器具の一種になります。

形がおしゃれなのでインテリアに取り入れている、これから取り入れようと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

ペンダントライトは照明器具ですから、飾りとして利用するだけでなく、部屋を適切な明るさに保つのにも役立ちます。

 

 

■ペンダントライトの高さを調整する方法

 

ペンダントライトは天井から吊り下げられている照明器具ですが、そのコードの長さは適切でしょうか。

コードが短いと十分な明かりが採れず、照明としての役割を十分に果たせなかったり、逆に長すぎしまうとペンダントライトが頭にあたって危険です。

 

ペンダントライトのコードの長さは、ある程度自分で調整することができます。

 

・コードを結ぶ

 

ペンダントライトは、上手くコードを結んで長さを調整することが可能です。

結び目を工夫することでおしゃれに見せることもできます。

 

ただし、中には結ぶことができないタイプもありますので、説明書をよく読んでから取りかかるようにしましょう。

 

また、結び目をつくるときですが、強く結びすぎないように注意が必要です。

強く結ぶと中の電線が切れてしまうことがあります。

 

 

・コードを調整する器具を使う

 

照明を扱うお店やインターネットなどで、照明のコードの長さを調整する器具が販売されています。

クリップで留めるタイプやコードを巻き取るタイプなど、種類も豊富で手軽にコードの調整をすることができます。

 

また、デザインもおしゃれなものが多いため、部屋の雰囲気を壊すことなく調整できるのでおすすめです。

 

 

■ペンダントライトの適切なコードの長さとは

 

ペンダントライトを快適に使用するためにも、コードの長さはよく考えた方がいいでしょう。

また、取り付ける場所によっても適切な長さは違ってきます。

 

ペンダントライトは、ダイニングテーブルを照らすために使用する場合が多いのではないでしょうか。

その場合、ダイニングテーブルとのペンダントライトとの距離が1メートル近くあると、ペンダントライトのヘッドが頭にあたらずちょうど良い位置関係になります。

 

ダイニングテーブルからの距離が遠すぎてしまうと、照明が適切にあたらずテーブル全体が暗く見えてしまいますので注意が必要です。

 

また、ヘッドライトの大きさによっても適切な高さが異なってきますので、自分で調整しながら最適な長さを決めていきましょう。

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ