家具暮らしの情報空間
リンテルノ

メープル材の家具の色や特徴とは

メープル材の家具の色や特徴とは

 

家具を探す時に木の材質は気になる点でもありますが、そんな家具の素材の中で多く普及しているのが「メープル材」です。

メープル材の色や特徴、家具のおすすめコーディネートも含めて紹介します。

 

 

■家具の材質であるメープル材とその種類

 

メープルと聞くとカナダ原産のメープルシロップを思い浮かべる人も多いことでしょう。

カナダ東部からアメリカ北東部にある五大湖周辺では、カナダ国旗でも有名なシュガーメープル(サトウカエデ)が広く分布していることで知られています。

メープルシロップはこのシュガーメープルの樹液から採取されますが、メープル材もこのシュガーメープルの木が材料となっています。

 

メープル材の中でもハードメープル材やソフトメープル材などの種類に分かれ、ハードメープル材はシュガーメープルの他にブラックメープル、ロックメープルなどからも採取されます。

ソフトメープルはレッドメープル、シルバーメープル、ビックリーフメープルから採取されます。

 

メープルの木は日本だと楓の木になりますが、日本原産のものはカエデ材と呼ばれる別物で、北米から輸入したカエデ材をメープル材と呼ぶ傾向にあるようです。

 

■メープル材の色や材質の特徴は?

メープル材の家具の色や特徴とは

 

カナダの厳しい冬の気候に鍛えられたメープル材は衝撃や摩擦に強い事で知られ、材質は重く硬い事が特徴です。

カナダや北米では、古くから現地の人々により生活家具や床材など生活に密接したシーンで使われてきました。

木目が穏やかで明るい乳白色の木肌が特徴で、経過年数と共に味のある飴色に変化してゆきます。

 

メープル材の中には「バードアイ(鳥目杢)」と呼ばれる渦巻き状の斑点を持つ木目が現れることがありますが、希少価値が高く超高級素材として扱われます。

 

メープル材は触り心地も良く、つるつるとした木肌から「木の真珠」と称えられる事もあり、上品な質感からシンプルなインテリアを好む層に人気があります。

 

 

■メープル材が使われる家具とおすすめコーディネート

 

メープル材で作られる家具はテレビボード、キャビネット、ダイニングテーブル、ダイニングチェアなど様々です。

 

基本的に乳白材の明るい素材なので、寒色系や黒などを取り入れたモダン系な空間を演出する事で、木のぬくもりを引き立たせることができるコーディネートがおすすめです。

また、オーク材やブナ材などの同色系の明るい素材の家具を合わせたり、他の無垢材を合わせるとナチュラルモダンな落ち着いた雰囲気を演出できるでしょう。

 

金沢のインテリアマエストロ山岸LABOへ